新日本プロレス 90年代 「橋本真也vs高田延彦」

90年代の新日本プロレスに熱く燃えた管理人が贈る
90年代ベストバウト。

1996年4月29日・東京ドーム
IWGPヘビー級選手権試合
橋本真也vs高田延彦


前年よりスタートした「新日本プロレスvsUWFインターナショナル」対抗戦。

両団体、最後にして最大の一騎打ちがこの試合。
ストロング・スタイル決定戦ともいうべきこの試合。

当然新日・橋本派だった私は1Fスタンドで緊張しながら見守ったのものです。



最後、

2017-11-11 18.44.53.png

2017-11-11 18.45.03.png


2017-11-11 18.45.09.png

決まらないと思っていた「垂直落下式DDT」が炸裂!
この時「うぉぉぉぉぉぉ!!!w(゚ロ゚;w」と叫んだのは間違いありません(笑)

で、

2017-11-11 18.45.30.png

フィニッシュは「三角締め」でギブアップ勝ち。
はい、泣きました(爆)


これ以後、高田延彦とUWFインターナショナルは新日本から撤退。
WAR・天龍源一郎との戦いへ行くことになります。




この記事へのコメント

ブログランキング参加中です。内容に賛同頂けましたら、クリックしてもらえますと幸いです。

プロレスランキング
新日本プロレス大好き(・∀・)bページTOPに戻る